眼瞼下垂なら保険が適用されるので安心して手術を受けられます

サイトメニュー

安全性の高い豊胸

注射器

脂肪注入の豊胸は定着率も高い

豊胸は需要の高さから様々な手術方法が銀座の美容整形外科で開発されました。その中でも安全性が高く、体への負担が少ないと評判なのが脂肪注入による豊胸です。自分の体から抽出した脂肪を用いて豊胸を行なうことから、拒否反応が少なくて安全性が高いと評価されています。脂肪を吸引する場所は、お腹周りと太ももの比較的脂肪が多いところから吸引します。もし、この部分から脂肪吸引を行なうことが難しい場合には、おしりの部分から脂肪を採取することになるのです。銀座の美容整形外科における脂肪注入による豊胸の特長は、何と言っても定着率が高いことにあります。定着率を高めるための工夫として、白血球を一緒に注入することで定着率を高めることに成功しました。自分の体から採取した脂肪を使うことから、その5割から6割程度は永久的に脂肪としてバストに定着し、自然な形でのバストアップをすることが可能になったのです。さらに、脂肪注入による豊胸では、遠心分離機にかけて脂肪細胞を細かくしたものを再度注入することから、しこりができにくく、触った感じも自然かつ柔らかいのが特長です。仕上がりに違和感がないことから、豊胸をしたことを周囲に知られる心配もありません。定着率も最大6割程度なので自然な形で落ち着くのです。

脂肪注入による豊胸で、銀座の美容整形外科クリニックが最も気を使っているのは、定着後にしこりができないようにすることにあります。しこりができないように脂肪吸引した脂肪を撹拌し、細胞ごとに分離させます。そのため、吸引したすべての脂肪を使用するのではなく、その中から良質な脂肪だけを抽出する細かな作業を行う必要があるのです。脂肪注入による豊胸で注意したい点は、全ての脂肪が定着するとは限らないということです。高い定着率を謳っている美容整形外科もありますが、実際には、注入した脂肪の5割から6割程度しか定着せず、カップ数にすれば最大2カップ程度になります。劇的なバストアップを希望するのであれば、シリコンプロテーゼの豊胸手術のほうが確実なバストアップを期待することができます。ただし、シリコンプロテーゼの豊胸はリスクが高く、安全面を重視するのであれば断然脂肪注入がおすすめです。銀座の美容整形外科クリニックでは、患者の体への負担を考えて脂肪注入による豊胸を推奨しています。なぜならば、自分の脂肪を使用するので体が拒否反応を起こすこともなく、しこりができたり皮膚が突っ張ったりと違和感を覚えることがほぼ無いからです。安全性の高さが評価されています。