眼瞼下垂なら保険が適用されるので安心して手術を受けられます

サイトメニュー

視界が見えにくいとき

女性

目頭切開と合わせるとより目が大きく

眼瞼下垂というのは、目を開けたときに黒目にまぶたが覆いかぶさってしまう状態を言います。この状態というのは視界が狭くなってしまうため、日常生活に支障をきたしてしまうことが多々あります。このまま放置していても不便さを感じるばかりで、何の解決策にもなりません。そこで、銀座の美容整形外科クリニックでは、日常生活に支障をきたしてしまうほどの眼瞼下垂の症状の方に対して、保険を適用して手術を行っています。保険が適用されることで、通常よりも安く手術をすることができ、安心して日常生活を送る事ができます。まぶたが黒目に覆いかぶさっていると視野が狭くなるだけでなく、眠たそうな目元になってしまうことから、顔全体の印象も大きく異なってきてしまうというのです。眼瞼下垂の手術をすることで視野が広くなり、目元の印象も明るくなります。眼瞼下垂の場合、加齢によるまぶたのたるみから視野が狭くなってしまうことが大いにあり得ることから、高齢になってから眼瞼下垂の手術を受けるという方は少なくないのです。保険が適用される場合においては、手術費用を抑えることができることから、銀座の美容整形外科では積極的に保険を利用して手術を行うことを推奨しているのです。

まぶたのたるみにより視野にかかってしまう眼瞼下垂ですが、たるみを引き起こす原因は様々です。長時間ハードのコンタクトレンズを使用しているとまぶたがたるみやすいと言われています。また、アレルギーやアトピー性皮膚炎でまぶたをよくこする人もまぶたのたるみの症状を引き起こしやすいとされています。まぶたがたるんだことで目が開きにくくなってしまった場合、眼瞼下垂の疑いが強いことが考えられます。実際に病院を選ぶ際には、丁寧な手術の説明とリスクについて解説してくれるクリニックを選びたいところです。銀座の美容整形外科では保険が適用される手術に関しては、きちんとした病名がつくので、その病気についての解説と手術についての説明を丁寧に行っています。患者からの質問や不安な点に関しても丁寧に答えるため、安心して手術に望むことができます。銀座の美容整形外科では、眼瞼下垂の手術を目頭切開と合わせて行なうことで、ぱっちりとした魅力的な目元に整形をすることができます。せっかく手術をするのであれば、目元の印象も大きく変えたいという方も多く、そうした要望に応えることができるのが目頭切開です。目頭を切開してまぶたのたるみを除去することで、ぱっちりした目元になります。

女性

部位による方法論は違う

最近は美容整形外科が人気を博し、SNS等でも話題になっていますが、何より安全性が高く気軽に受けられる施術が多く開発されている事が理由かもしれません。地方に限らず銀座などの一等地でも、多くの病院が軒を連ねていて大変便利な時代になりました。
注射器

安全性の高い豊胸

豊胸手術の方法は数多くありますが、銀座の美容整形外科では脂肪注入による豊胸が一番安全で確実性が高いと主張します。定着率は最大6割程度ですが、自分の脂肪を使うので体の拒否反応がなく、負担が少ないのです。
手術

カウンセリング〜施術まで

銀座の美容整形外科を利用する際には、まず前準備としてWebサイトをチェックし、受けたいメニューがあるクリニックをピックアップしましょう。行きたいところが決まったら無料カウンセリングを予約し、施術内容の提案を受け、納得が行けば契約となります。
受付

見た目を変えたいなら

東京都内の銀座にある美容整形外科を実際に利用する場合、活用目的を明確にしておく必要があります。主にコンプレックスを解消するのが目的となるでしょう。効果は、簡単な施術で出すことができるパターンが多いです。